2013年06月14日

赤ちゃんの熱中症に注意



赤ちゃんの熱中症と聞いて思い浮かべるのが「車中置き去り」。
最近多いですね。
特に、パチンコをしていて・・・なんていう事件が多いです。
ママもパパも遊びたい!
でも、子育て中は、やっぱりちょっと我慢ですよね。
どうしても遊びたいなら、誰かに預けるとか・・・ファミリーサポート支援などで
子供を預かってもらっても良いと思います。
預ける理由なんてどうにでもなります。
別に聞かれる事もありませんし、聞かれたら適当にいっておけば良い。
赤ちゃんを、車中に置き去りにしてしまうよりよっぽど賢明な方法です。

家で赤ちゃんを寝かせておく・・・のも、高温多湿のときは危険です。
車中よりは安全なことは確かですが、
家の中のほうが湿気が多く、汗をかいても汗が蒸発しないので体に熱がこもります。
すると、熱中症になります。

赤ちゃんが小さいうちは、やはり目を離さないことが最も大事ですよね。
目を離すなら、誰か、代わりの目をつけておくことです。

大切な命を失わないためにも、
赤ちゃんの熱中症には気をつけすぎるくらい気をつけましょう。










ラベル:赤ちゃん 熱中症
posted by トレンディ at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ・病気/怪我 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。