2015年07月18日

初物を笑って食べるのはなぜ?



初物を食べる時って、なんだかワクワクしますよね。

わぁ〜今年も、この季節が来たー!

なんて思います。

生きているのが当たり前・・・と言う価値観から、

いつ死んでもおかしくない・・・という価値観に変わってから、

季節のものを食べるということに対する喜びが

大きくなった気がします。

さて、「初物を食べる時は笑って食べようね。」

なんていわれたことはありませんか?

私は子どもの頃から言われましたよ。

では、なぜ、初物を食べる時は、笑って食べると良いのでしょうか。

色々な説があります。

●初物を食べる時に東を向いて笑って食べるのはなぜか?

・作物が実るのは太陽のおかげだから、
感謝する意味で、太陽が昇る東を見て笑うと良い。

・はつものしちじゅうごにち初物七十五日というコトワザから、
初物を食べると長生きをする。

・初めて収穫された食物には生気が溢れているから。

・生気が溢れた食べ物を食べると新たな活力が得られるから。

・東といえば、昔は「江戸」を現し、江戸を見て、「オレはこんなにウマいものを食っているぞ〜!」と、江戸にいる将軍様に向かって笑い、自慢していた・・・。

などです。

どの説も、納得できますし、面白いですね。


初物七十五日とは、初物(はつもの)は縁起がよく、
食べると寿命が75日延びると言う意味です。

では、なぜ、75日命が伸びるのでしょうか。

それは、江戸時代にまでお話が遡ります。

江戸時代、死刑が確定された罪人に、
「死刑執行前に好きな食べ物を与えよう〜。」
という習慣があったそうです。

今のように、殆どのものをどの季節でも食べられる時代とは違います。

罪人は、一日でも長く生き延びようと、
季節的に手に入らない食物を、お上に告げ、
死刑の執行を遅らせようと企んだわけです。

役人も、人が良い・・・時代だったのでしょうか。

死刑執行が目前の人を前に、
「それは無理だ!他のものにしなさい!」とは言えず、
その食物の季節まで待ってあげたのだそうです。

つまり、罪人にとって、「命が延びた」のですね。

75日経つと、季節も変り、
その食べ物が届いた・・・ということで、
初物(はつもの)は縁起がよく、食べると寿命が75 日延びる=初物七十五日という言葉(諺)が生まれたようです。



とにかくみんな笑顔で食べれば、食卓は明るくなりますし、
美味しく食べられますから、
なぜ笑って食べるのか・・・なんて気にせずに、
笑顔で頂きましょう〜♪

季節のものは、栄養価も高いですし、
お値段も安くなりますから、
自然に元気に、笑顔になってしまいますね。










posted by トレンディ at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ●雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月15日

着る蚊帳 ネッツメン



着る蚊帳 ネッツメンが、BIBI LAB(ビビラボ)から発売されています。

今とても話題の「着る蚊帳」ですが、その効果はどうなんでしょう。

虫刺されから身を守ることはできるのでしょうか。

デング熱等の感染症のリスクを少なくすることはできるのでしょうか。

かわいいピンクやブルーの着る蚊帳もあって、
なんとなく良い感じもするのだけれど、
実際に着ている人を見ると、ちょっと怖いですね。

着ている人の表情なども近くに行かないと分かりづらいですし。

さて、着る蚊帳 ネッツメンの効果についてですが、
着る蚊帳 ネッツメンは、
網戸よりも更に細かい極小の網目になっているので、
蚊の侵入を防ぐことができるそうです。

しかし、BIBI LAB(ビビラボ)は、
デング熱の予防は保証できないとしていますし、
蜂から身を守る防護服としても使えない・・・そうです。

つまり、あまり意味がなさそう・・・。

結構高いんですよね。

1着5000円くらい。

山仕事をする人には、良いかもしれませんが、
現実的には虫除けスプレーのほうが効果を発揮してくれそうですね。






posted by トレンディ at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ・虫刺され | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。