2017年07月03日

お中元頑張りましたか?【2017年のお中元の選び方】

お中元の季節がやって来ましたね。

正直、家計には結構な負担になってしまいますし、お返しも微妙な品々だったり…。

でも、日本には「お中元」という習わしがあるので、今年も贈らないと…いけないですね。

しかし、せっかく贈るのだったら相手に喜んでもらいたいですし、自分も楽しみながら贈り物をしたいですよね。

それに、嫁としての評価もアップさせるチャンスです♪


お中元の時期っていつ?



お中元の時期は地域によって様々。

北海道・東海・関西・中国なら7月15日〜8月15日、東北・関東なら7月1日〜7月15日、九州なら8月1日〜8月15日というのが概ねです。
地域によって、相手によって…少しずつ違いがあるので、その都度確認してから送るようにすると良いですね。

また、どちらかというと遅いというより早い方が気持ちが良いです。
早すぎてもダメですが、7月半ばを目安にすれば、どの地域でもOKではないでしょうか。


お中元で喜ばれる贈り物とは?



お中元で喜ばれる贈り物は…。

gooランキングを参考にしてみると、金券、ビール、ご当地グルメ、カタログで選ぶ、和菓子、洋菓子、ハム類、果物、アイスクリーム、そうめんなどの麺類という順になっているようです。

でも、せっかく頂いたのに、正直困ってしまう、微妙…というものも。

例えば、
・お酒を飲まない(病気などで飲めない)家庭なのにお酒が送られてきた
・旅行中や帰省中に賞味期限が短い生鮮食品が送られてきた
・家族の人数に合わない
・洗剤セットを貰ったけど香りが好みではない
・老夫婦二人生活なのに消化しきれない大量の肉類が送られてきた

など。

難しいですね・・・お中元の品の選び方は。



まとめ



お中元は、7月半ばを目安に送ってみてはいかがでしょうか。
会社関係だと、周りとの足並みもあるので、周りの様子も見ながら…ですね。

品物選びは、家族構成や年齢などを踏まえ、喜ばれるものを選びましょう。
自分が好きなものを贈るのではなく、相手側に立って選んでくださいね。

日本の伝統習慣、ちょっと面倒ですが…お互い頑張りましょう!










posted by トレンディ at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ・お歳暮/お中元 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月11日

お歳暮の贈り方


お歳暮は誰に、いくらくらいの、何を贈ればよいのでしょうか?

お歳暮を贈る目的は「日ごろの感謝の気持ち」で、
誰に贈るか?は、「日ごろお世話になっている人」です。

ですから、誰に贈るのかは、人それぞれの事情によって異なりますが、
結婚の際の仲人さんや媒酌人には、一般的に最低3年間は必要と言われています。

「日ごろお世話になっている人」の対象で、
子どもの幼稚園や学校の先生などは要注意です。

幼稚園や学校のなかには、禁止になっているところもあります。

さて、贈るものですが、贈る側の好みで決めてしまいがちです。

ですが、贈り物は相手に喜んでもらってこそのものですから、
相手の好みや家族構成、年齢や人数などを十分考えて選ぶことがひつ威容です。

因みに、お歳暮として贈るもので多いのは「ハム・ソーセージ」が圧倒的な人気です。

しかし、貰う側としては、商品券やギフト券を望んでいるという点も、
あるアンケートで明らかになっています。

金額に関しては、3000円から5000円暗いものが一般的です。

複数の人に贈る場合は、日ごろお世話になっている度合いによって、
金額にランクをつける人が多いですね。








posted by トレンディ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・お歳暮/お中元 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする