2015年07月18日

初物を笑って食べるのはなぜ?



初物を食べる時って、なんだかワクワクしますよね。

わぁ〜今年も、この季節が来たー!

なんて思います。

生きているのが当たり前・・・と言う価値観から、

いつ死んでもおかしくない・・・という価値観に変わってから、

季節のものを食べるということに対する喜びが

大きくなった気がします。

さて、「初物を食べる時は笑って食べようね。」

なんていわれたことはありませんか?

私は子どもの頃から言われましたよ。

では、なぜ、初物を食べる時は、笑って食べると良いのでしょうか。

色々な説があります。

●初物を食べる時に東を向いて笑って食べるのはなぜか?

・作物が実るのは太陽のおかげだから、
感謝する意味で、太陽が昇る東を見て笑うと良い。

・はつものしちじゅうごにち初物七十五日というコトワザから、
初物を食べると長生きをする。

・初めて収穫された食物には生気が溢れているから。

・生気が溢れた食べ物を食べると新たな活力が得られるから。

・東といえば、昔は「江戸」を現し、江戸を見て、「オレはこんなにウマいものを食っているぞ〜!」と、江戸にいる将軍様に向かって笑い、自慢していた・・・。

などです。

どの説も、納得できますし、面白いですね。


初物七十五日とは、初物(はつもの)は縁起がよく、
食べると寿命が75日延びると言う意味です。

では、なぜ、75日命が伸びるのでしょうか。

それは、江戸時代にまでお話が遡ります。

江戸時代、死刑が確定された罪人に、
「死刑執行前に好きな食べ物を与えよう〜。」
という習慣があったそうです。

今のように、殆どのものをどの季節でも食べられる時代とは違います。

罪人は、一日でも長く生き延びようと、
季節的に手に入らない食物を、お上に告げ、
死刑の執行を遅らせようと企んだわけです。

役人も、人が良い・・・時代だったのでしょうか。

死刑執行が目前の人を前に、
「それは無理だ!他のものにしなさい!」とは言えず、
その食物の季節まで待ってあげたのだそうです。

つまり、罪人にとって、「命が延びた」のですね。

75日経つと、季節も変り、
その食べ物が届いた・・・ということで、
初物(はつもの)は縁起がよく、食べると寿命が75 日延びる=初物七十五日という言葉(諺)が生まれたようです。



とにかくみんな笑顔で食べれば、食卓は明るくなりますし、
美味しく食べられますから、
なぜ笑って食べるのか・・・なんて気にせずに、
笑顔で頂きましょう〜♪

季節のものは、栄養価も高いですし、
お値段も安くなりますから、
自然に元気に、笑顔になってしまいますね。










posted by トレンディ at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ●雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月30日

光触媒の花ってどんなもの?




母の日などのプレゼントとしても人気の「光触媒の造花」。

この光触媒ってどのようなものなのでしょうか?

インテリア用として光触媒の花を置くと、
部屋の空気がよくなったりする・・・ということを聞きますよね。

そこで光触媒の造花の効果について調べてみました。

光触媒の造花は、紫外線(光)が当たる事によって、
光合成のような働きをする仕組みになっているようです。

触媒は、二酸化チタンなどがあり、
この二酸化チタン等の触媒に光が当たると、
空気中に含まれるカビやホルムアルデヒドなどを二酸化炭素と水に分解されます。

この仕組みにより、部屋の空気がきれいになります。

消臭効果もあるとの事ですから、お部屋に置くと目で癒され、
空気もきれいになり、とても良い!といういうことになります。

ただし、紫外線が当たらなければ、当然ですが効果は発揮されません。

部屋に置くのであれば、なるべく太陽光の当たるところに置くのがお勧めです。








タグ:光触媒の花
posted by トレンディ at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ●雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。