2015年09月20日

彼岸花は不吉な花!?


お彼岸の季節、「彼岸花」を見かけることが多くなります。

白い彼岸花もありますが、
赤い彼岸花は、燃える様に赤くて目を奪われますよね。

近づいてみてみると、幾何学的で独特な花です。

でも、この彼岸花をみると、
なんとなく切ないような気持ちになるのは私だけでしょうか。


●彼岸花の花言葉

花には「花言葉」があります。

この彼岸花にも、もちろん花言葉がありますよ。

それは、「独立」、「再開」、「また会える日を待つ」

そして、

「情熱」、「あなただけを想う」というようなロマンチックな花言葉もあり、

「あきらめ」、「悲しい記憶」という寂しげな花言葉もあります。


●彼岸花には毒がある

彼岸花は、とてもキレイではありますが、
「摘んだらいけないよ。」、
「家に持ち帰ると不吉なことが起こるよ。」、
「彼岸花はみても、足を止めずに通り過ぎようね。」
なんて、親から教えられた人も多いと思います。

彼岸花は、

・近寄ってはいけない花

・不吉な花

・摘むと死者を呼び起こす

としても有名なのです。

それはなぜなのでしょうか?


なぜなら、彼岸花には「毒」があるからです。

彼岸花の「毒」は、赤の花も、白の花も、
花びら、茎、根っこ・・・全てに毒を含んでいます。

この毒は、触れるだけでは命に関わるようなことはありませんが、
摂取してしまうと、吐き気や下痢、呼吸困難などに陥ることがあり、
最悪の事態になってしまうこともあります。

ですから、小さなお子さんは特に気をつけたいですし、
最近はペットを飼っていらっしゃる方も多いのですが、
ワンちゃんや猫ちゃんなどが、
彼岸花やその根っこをかじってしまわないように、注意をしてくださいね。


とてもキレイな花ですが、
やはり「キレイな花には毒がある」・・・のですね^^


●彼岸花は古来、埋葬に使われた

日本では、以前は、人が亡くなったとき、
一般的には火葬ではなく「土葬」でした。

土葬するということは、
亡くなった方の体が、動物などによって荒らされてしまう可能性があります。

そこで、昔の人は、彼岸花の毒によって、
亡くなった人のご遺体を守ったといわれています。


●彼岸花は食べられる?

彼岸花は、毒があるのですが、
昔は、この根っこを食べていたこともあったのです。

それは、飢饉や戦争のとき、
食べるものがどうしてもないときに、
長時間、この彼岸花を水につけて解毒し、
花や茎、根っこに含まれるでんぷんを食糧にしていたそうです。

長時間水につけておくと、毒素が抜けるのですね(真似をしないでください!)

飢饉や戦争で、飢えに苦しむ人々の
貴重な食糧でもあったことから、
「彼岸花は摘み取らないように。」ということになったようです。


このようなことから、彼岸花は、

・近づいてはいけない
・触ってもいけない

といわれているのですね。

きれいな花なので、
やはりトゲやら毒やらがあるからなのかな?
と、思っていましたが、
それでもやはり、写真には収めたくなりますよね。

本当にすばらしい形・・・をしていて、
自然が作り出すものって、すごいな〜といつも思います。

彼岸花は、曼珠沙華とも呼ばれ、
ご先祖さまと私たちを繋ぎ止めている花でもあります。

摘み取ったり、食べたり、持ち帰ることはせず、
ご先祖様に感謝の気持ちなどを伝えてみるのも良いのではないでしょうか。










posted by トレンディ at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ●雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月24日

土用の丑の日にウナギを食べると良いのはなぜ?


土用の丑の日といえば「うなぎ」。

テレビなどで、ウナギがおいしく焼けるシーンを何度も何度も放送され、
スーパー等の食品コーナーではおいしいウナギが並んでいます。

うなぎって本当はあまり好きじゃないけど・・・。

うなぎって高いから買うつもりはなかったけれど・・・。

なんて思いながらも、なんとなく「食べなくては!」
という気分になってしまうという人も少なくないのではないでしょうか。

●ウナギの旬っていつ?

ウナギって本当は冬、初冬が旬なんです。

水温が下がり始める頃、産卵の準備に入ったウナギは、
餌をよく食べる用になり、太り、脂も乗ってきます。

つまりこの時期が一番おいしいのです。

旬なものは旬の季節に食べるのが一番!と言われますが・・・。

なぜか、うなぎといえば、夏の暑い日のスタミナ食となっていますね。

なぜなのでしょうか。


●2015年の土用丑の日っていつ?

2015年の夏は7月24日と8月5日です。

因みに秋は10月28日。

10月といってもまだまだ暑い日もありますから、
秋の土用丑の日にもウナギを食べる人も多いですね。

春は4月19日でした。

冬は1月13日と1月25日。


●土用の丑の日にウナギを食べるのはなぜ?

土用の丑の日にウナギを食べるのはなぜなのでしょうか。


江戸時代、暑い日にウナギが売れ残り困っていたウナギ屋の店主が、
平賀源内に「売れなくて困っているんだよ。」とボヤいたそうです。

すると、平賀源内が、

本日、土用丑の日、うなぎの日

というように張り紙を作り、店先に張り出しました。

それを見た人たちが、「そうかそうか・・・そうなのか。」

と、ウナギ屋に群がり、飛ぶようにウナギが売れたそうです。

もともと「う」がつくものを「丑の日」に食べると、
身体に良いという風習があったのと、
平賀源内の一声が合ったおかげで、
ウナギ屋の商売は繁盛し、現代にまでその風習が続いているということです。

もし、「馬の肉」屋が困っていると相談していたら、
土用丑の日は、馬肉をたべるという習慣になっていたかもしれませんし、
「うどん」だったら、うどんだったかもしれないですね。

実際、地域によっては、「う」がつくものとして、
馬肉やうどん、梅干しを丑の日に好んで食べるという風習があるところもあるそうです。


*平賀源内とは・・・

平賀源内と言えば、エレキテル。

日本のダ・ヴィンチとも呼ばれている人です。

博物学者、鉱山技師、電気工学者、化学者、起業家、
イベントプランナー、技術コンサルタント、
日本最初の西洋画家、ベストセラー小説家「風流志道軒」、
人気戯作家「神霊矢口渡」、
日本最初のコピーライター・・・。

このように肩書きが多く、多才で、色々な発明をし
現代に影響を残している人物です。

こんな人が「本日、土用丑の日、うなぎの日」といえば、
みんな、そうかそうか・・・となりますね。

本日、土用丑の日、うなぎの日 

↑ 平賀源内は、このキャッチコピーを作り、
日本最初のコピーライターだといわれているんですよ。










posted by トレンディ at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ●雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。