2014年10月28日

環境ホルモンから身を守るには


環境ホルモンは、ホルモン異常を引き起こし、
生体にさまざまな悪影響を与える物質です。

この環境ホルモンは、私たちが生活している環境の中に、
溢れています。

たとえば、食品添加物もそうですし、
化粧品等にも含まれていますし、農薬を使った野菜にも含まれます。

なるべく食品は水洗いをしたり火を通す、
パラベンなどの成分が含まれる化粧品を使わないようにする、
ビタミンやミネラルを積極的に摂取し、
解毒作用を働かせ、環境ホルモンを身体の外へと排出するようにするなどによって
環境ホルモンの摂取を控える事ができるそうです。

そして、環境ホルモンは、お腹の中にいる赤ちゃんにもい影響を及ぼすそうです。

奇形、先天異常、健康障害など、
胎児にもさまざまな影響を与える可能性があると言われている環境ホルモン、
なるべく摂取しない生活をしていくことが必要です。

そのために、環境ホルモンについての知識をもっと得る事が必要ですし、
環境ホルモンについての問題にもっと敏感になっていくことが必要です。








ラベル:環境ホルモン
posted by トレンディ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ●健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月27日

環境ホルモンの影響



環境ホルモンの影響が懸念されている昨今。

さて、この環境ホルモンとは何?

環境ホルモンの原因は、化学物質です。

世の中には、さまざまな化学物質が溢れています。

たとえば、化粧品に含まれる防腐剤等もそうですし、
殺菌剤や殺虫剤、農薬、食品添加物、ダイオキシン・・・
数えたらキリがないほどです。

この環境ホルモンとは、外因性内分泌攪乱物質、
或いは外因性内分泌攪乱化学物質と呼ばれています。

つまり、体内の正常な働きをしているホルモンに影響を与え、
身体にさまざまな異常を引き起こす物質です。

環境ホルモンによってどのような影響が起きるのかというと、
たとえば知能の低下、学力障害、性障害、生殖器がん、ストレスへの過剰反応、
拒食症、強迫神経症、不安定、アレルギーなどがあります。

化学物質(食品添加物や化粧品など)を毎日少しずつ摂っている場合も環境ホルモンの影響が心配されますし、
環境ホルモンの影響を受けている動物の肉等を食べる事によっても、
影響を受けるといわれています。

環境ホルモンって・・・怖いです。








ラベル:環境ホルモン
posted by トレンディ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ●健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする