2013年08月12日

スマートハウスとは



スマートハウスとは、電気やガスを使っても省エネになるように・・・という家のこと。
省エネな家でもあり、創エネな家でもあります。

省エネといえば、夏はクーラーを我慢したり、冬は服を重ねて過ごすことで、
エアコンなどを使わないで過ごそう!などと叫ばれた時期もありましたが、
それでは経済が立ち行きませんし、みんなが我慢をすればするほど、
お金も使わなくなり、経済が停滞してしまいます。

そこで、電気やガスを使っても省エネになり、
使うだけでなく創ってしまおうというのがスマートハウスです。

もし、電力自給自足が100%叶う家が実現したら、
ライフスタイルは大きく変わりそうですね。
家計にも優しいですし、環境にも優しく、スマートハウスはとても魅力的です。

ですが、なんだか初期費用がかかりそうですし、
スマートハウス内で連携できる対象商品もまだまだ少ない現状があり、
エネルギー設備の寿命もどれくらいなのかイマイチ不明・・・。

などと言う点で、ちょっとデメリットと言うか、不透明さを感じるスマートハウスです。

オール電化の家に住んでる人などに聞くと、
7・8年目で給湯器が故障し始めるなどしている人も多いようですし。
壊れてしまっても、すぐにパッと治すことができないものも多く、
快適な生活がイッキに機能しなくなって不便になってしまいそうです。

もっともっと、社会全体がスマート化していかないと、
スマートハウスのメリットが浮かび上がってこないのかなと思ったりしますね。













posted by トレンディ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。