2014年09月19日

話題の猫毛虫って可愛い??


猫毛虫がアメリカ東部で大発生している可能性があるそうです。

猫毛虫が大量発生していると思われるアメリカ東部では、
刺された人が次々と病因に担ぎこまれているそうです。

見た目、フサフサしていて、思わずナデナデしたくなる可愛らしさなのだそうですが、
外側のフサフサした毛の下に、
猛毒のあるとげがあり、このとげが超イタイっ!そうなのです。

骨まで到達するほど丈夫な針でさされ、
刺された人は、12時間も痛みと格闘する事になるのだとか。

その毒は強力で、芋虫界の中でもトップクラスの猛毒だそうですよ。

皮膚の表面にチクッと刺した程度であれば、
それほど強い痛みではなく、治癒も早いそうですが、
深く刺されると大変なので、見かけても触らないようにしないといけないのです。

さて、猫毛虫ってどんな生き物?

話題となっているので、ネット上には写真や動画がたくさんありましたが、
猫に失礼だっ!!

猫のように可愛くないぞっ!!

やっぱり毛虫じゃん!

と言うのが私の感想です。

名前も、プスキャタピラーっていうなんだか可愛らしい名前なのにね。

猛毒だそうですよ。

注意しましょ。








ラベル:話題 猫毛虫
posted by トレンディ at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月08日

厚生省が慢性疲労症候群の実態調査が始めるそうです




厚生省が、慢性疲労症候群の実態調査を始めるそうです。

患者さんが多いのでしょうか。

なんだか、わがまま病、あまえ病、
かまってちゃん病の一種のように思えてしまうので、
他に、もっと難病とかの研究を進めてほしいと思ったりするのですが、
この慢性疲労症候群を「怠けている」というのは、偏見なのだそうですよ。

慢性疲労症候群は、普通の社会生活が送れないほどの疲労感を感じる病気で、
別名、筋痛性脳脊髄炎と言うそうです。

「脳」とか、「脊髄」とか・・・やっぱり「怠け」ではないようです。

そして、日本国内に、なんと30万人も慢性疲労症候群の患者さんがいると推定されるそうです。

30万人ときくと、自分の周りにもいるのかも?

聞いたことないけど・・・いるのかも?

慢性疲労症候群の症状は、強い疲労感、頭痛、脱力感などで、
その症状の強さは、社会生活が送れないほどなのだそうです。

症状が強くて、寝返りも打てないという人もいるそうです。

ストレスや遺伝的要因による免疫低下、
内分泌以上、感染症・・・さまざまな原因が考えられているそうですが、
結局のところ、原因不明という状況です。

厚生省は、患者さんの歩行、食事、排泄などについて
データを集め、実態調査を行うとのこと。

調査、研究によって、症状が軽くなる人、回復する人が一人でも増えると良いですね。






posted by トレンディ at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ・慢性疲労症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする